カスタムフィールドを便利にする(プラグイン)

on 08 23, 2009

090823

wordpressの標準機能だけでは、やりたいことに制限が出てしまう。
そこで、「カスタムフィールド」を使うことになるのだが、
標準のカスタムフィールドはそれほど使いやすいものとは言いがたい。

そこで使いたいのが「Custom Field Gui Utility」。

インストール

  1. かたつむりくん」さんより最新版の「Custom Field Gui Utility」をダウンロード。
  2. ファイルを解凍しFTPなどでプラグインフォルダにアップロードする。
  3. wpのプラグインページにて「Custom Field Gui Utility」を有効にする。

設定方法

管理ページのようなものがないので、フィールドの設定はコンフィグファイルの
テキストを直接編集しなければならいようだ。
ここはちょっと不便。

「rc-custom-field-gui-utility」フォルダ内の「conf-common.ini」
「conf-page.ini」「conf-post.ini」を編集してカスタムフィールドの表示を変更できる。
※パラメータなどは作者さんのwebを参照。

なお、ページ・記事共通の設定は「conf-common.ini」、ページ用は「conf-page.ini」、
投稿用は「conf-post.ini」となっている。

はまった箇所

何度か、投稿ページで更新したのに更新されていないという不思議な現象が発生して動揺した。
原因は、 「conf-common.ini」と「conf-post.ini」内の設定がまったく同じだったために発生したようだ。
この二つが有効だと、投稿の編集画面でcommon用のカスタムフィールドとpost用のカスタムフィールドの
2つのカスタムフィールドが表示される。

気づかずに上のカスタムフィールドにデータを入力して「公開」をクリックしても、
下にも全く同一のカスタムフィールドがしかも空白のまま表示されいているため、
ページ下の空白のカスタムフィールドが送信されてしまうってこと。

なんか説明難しい・・・単純な問題でちょっとはまってしまったので、

「common」「page」「post」でいらんものはファイル名を変えれば表示されなくなる。

不具合っぽい

また、「google map anywhere」を入れたところ、カスタムフィールド内の
画像ボタンの隣にgoogle mapsアイコンが追加されたのだが、
どちらのボタンをクリックしても「google map anywhere」が表示されてしまい、
挙動がおかしくなった。

バグかなぁ?

Leave a Reply