core i7のノートPCを購入した

イテル on 12 4, 2009

dell

先日Dellの「Studio XPS 16 プレミアムパッケージ」というノートPCを購入しました。
個人事業としてやっていくにはノートPCは不可欠だと思い奮発して購入しました。

PCを購入するにあたり検討したのは以下の点です。

  • メインマシンとして使えるハイスペックであること。
  • できればcorei7のCPUであること。
  • できればブルーレイもやけること。
  • グラフィック系のソフトを利用するので1080pの解像度。
  • 最新のOSが搭載されている。
  • できれば安く・・・w

前職場で使用していたMacBookProでもいいんじゃないかと思っておりましたが、2009年10月のapple発表では、
imacとmacbookの発表のみで、私が狙っていたCorei7搭載のMacbookProの発売がなかったためPCを選択しました。

洗練されたデザインのMacを欲しかったのは事実ですが、MacbookProはおそらく高価だろうということで、
もっと手ごろな価格で手に入れられる製品を探していたところ、現状(2009年10月時点)でベストな
選択ともいえるdell社の製品を選択しました。

なお、このdell社のStudio XPS 16は今回appleから発表されたimacと同様のcpuを搭載しております。
○参考:薄れゆく「Mac Pro」の存在感! 最新ベンチマークテストで「iMac」に惨敗…

合格点のスペックと価格

結果的に言って、ほぼ望んだスペックのモノが届き満足しております。

  • core i7 820QM(アップグレード)
  • ブルーレイドライブ(焼ける)
  • windows7 pro 64bit(アップグレード)
  • 解像度1080p(アップグレード)
  • 価格は19.1万。
  • 見た目も割りと良い方だと思う。

また、64bitOSということで、手持ちのAdobe CS3などのソフトが動作するか不安がありましたが、
今のところ問題なく動いております。64bitOSのパフォーマンスは活かせないんでしょうが、
Core2Duoマシンに比べるとすごく軽快に動作しております。

またCPUはちょっとアップグレードしてより高性能のものを選択しました。
なお、ブルーレイドライブに関しては私が購入した当時は標準パッケージに含まれておりましたが、
12月4日現在ではオプションになっているようです。早く買っててよかったw

デメリットもそれなりに

一方、それなりにデメリットもありました。

  1. 指紋がやたらと付く。
  2. モニタ周りが不安定。出張に持ち歩いた際に、突然画面がブルーになった。
    ※ブルーバックではなく画面全体がブルーの状態でOSは普通に動いている。。。
  3. 最大メモリ8GBなので64bitのOSを最大限に活かせないかも。。。現在は4GB。
  4. webで購入してから手元に届くまでに4週間かかった。
  5. Windows7のタッチ機能が使えない。
  6. バッテリをオプションでアップグレードしたものの実質4時間程度しかもたない。

来年の1月にはMacBookProがGPUを内蔵した最新のCPUを搭載したモデルが
発表されると噂されております。なるべく悔しい思いはしたくないものの、気になるapple製品。

とはいえ、12月現在でもdell製品はそれほど悪くはないと思いますので、
ぜひ検討材料に入れてみてはいかがでしょうか?

Studio XPS 16 プレミアムパッケージ

Comments (2)

 

  1. 水着 通販 より:

    ルブタン シューズ

  2. Maxwell より:

    Writing articles is tedious.I know how you can get unlimited content
    for your blog, search in google:
    Anightund’s rewriter

Leave a Reply