再びkalyway10.5.2から10.5.7までの夢

イテル on 06 21, 2009

キャプチャ

先日も夢の話を書きましたが、10.5.4までの道のりしか書いてませんでしたので、その続きを書くことにした。

ボクの夢の場合は、HDDを2台用意してデュアルブート環境を作った。

世の中には1台のHDDで環境を実現したツワモノもいるようですが、どうしてもkaylwayインストール後のマスターブートレコードあたりでうまくいかず断念した。

<準備として>

  1. 他のOSが入っているHDDのケーブルを外しておく。
  2. kalywayをインストールするHDDをつなぐ。

<10.5.4まで前回と同様>

  1. Kalyway 10.5.2をインストールする。
    kernelはvanilla9.2を選択した。
  2. 英語版が入るので、環境設定の言語環境を日本語に修正し再起動する。
  3. Kalyway_UpdCombo10.5.3をインストールする。
    終了すると再起動を促されるが、再起動せず次の手順へ。
  4. kalyway_10.5.3_kernelのvanilla9.3を選択してインストールする。
  5. 再起動する。
  6. 再起動後、「F8」をクリックして「update -v」とタイプし起動させる。
  7. アップデート終了後、自動で再起動される。
  8. 10.4のアップデータを入れる。
  9. NVinstaller v.52を当てる。

<10.5.5にアップデート>

  1. Macintosh HD → アプリケーション → ユーティリティ → ディレクトリユーティリティを開く。
  2. 編集メニューの「ルートパスワードを有効にする」で「root」のパスワードを設定。
  3. ターミナル(アプリケーションズ→utility)を起動し、ログイン後、「sudo -s」と入力。
  4. 「while sleep 1; do rm -rf /System/Library/Extensions/AppleIntelCPUPowerManagement.kext; done」と入力。
  5. ターミナルはそのままで、AppleのMacOSXUpdate10.5.5をインストールする。
  6. アップデート終了後にまずは再起動をクリックせず、ターミナルで「ctrl +c」を入力してターミナルを終了させる。
  7. アップデート画面に戻り「再起動」をクリックする。
  8. 再起動後に「boot:」のところで「update -v」を入力してアップデートさせる。
    アップデートが終了すると自動で再起動する。

<10.5.6にアップデート(基本10.5.5と同様)>

  1. ターミナルを起動し、ログイン後、「sudo -s」と入力。
  2. 「while sleep 1; do rm -rf /System/Library/Extension/AppleIntelCPUPowerManagement.kext; done」と入力。
  3. ターミナルはそのままで、AppleのMacOSXUpdate10.5.6をインストールする。
  4. アップデート終了後にまずは再起動をクリックせず、ターミナルで「ctrl +c」を入力してターミナルを終了させる。
  5. アップデート画面に戻り「再起動」をクリックする。
  6. 再起動後に「boot:」のところで「update -v」を入力してアップデートさせる。
    アップデートが終了すると自動で再起動する。

<10.5.7にアップデート(基本10.5.5、10.5.6と同様)>

  1. ターミナルを起動し、ログイン後、「sudo -s」と入力。
  2. 「while sleep 1; do rm -rf /System/Library/Extension/AppleIntelCPUPowerManagement.kext; done」と入力。
  3. ターミナルはそのままで、Appleの10.5.7ののアップデータをインストールする。
  4. アップデート終了後にまずは再起動をクリックせず、ターミナルで「ctrl +c」を入力してターミナルを終了させる。
  5. アップデート画面に戻り「再起動」をクリックする。
  6. 再起動後に「boot:」のところで「update -v」を入力してアップデートさせる。
    アップデートが終了すると自動で再起動する。

<インストール終了後>

  1. 外していた他のOS(vista)の入っているHDDのケーブルをつなぐ。
  2. BIOSからHDDの起動順番を他のOS(vista)にする。
  3. xpなどの場合は適当にboot.iniを修正する。
    vistaの場合は「EasyBCD」などでosの設定を追加する。
  4. 再起動してosを選択する画面が出たら万々歳。

以上。

あくまでも、夢の話でボクの夢環境では・・・、という夢をメモった話なのであしからず。
なので、夢の話なので、不具合や不利益にの責任は負いませんので。

Comments (2)

 

  1. [...] 変わりに「kalyaway」で夢を見ることができました。 [...]

  2. [...] 変わりに「kalyaway」で夢を見ることができました。 [...]

Leave a Reply