条件式

on 07 28, 2009

090705-one31

プログラムでは付き物な条件とループ。

条件 if文

if(iteru == 1){
	//イテルが1だったら
	trace("いいよ");
}else if(iteru == 2){
	//イテルが2だったら
	trace("う、うん");
}else{
	//1と2以外だったら
	trace("えっ");
}

といった感じ。
「else if」で複数の式を設けることができる。
これはswitch文でも代替がきく。

switch

switch (iteru){
	case 1:
	trace("いいよ");
	break;

	case 2:
	trace("う、うん");
	break;

	case 3:
	trace("えっ");
	break;
}

switch文でも同様に「iteru」の値が1、2、3なら
それぞれのtraceを実行する。

「break」記述するのを忘れてしまわないように。
忘れるとそれ以降のプログラムが実行されてしまうよ。

詳説 ActionScript 3.0
詳説 ActionScript 3.0
  • 発売元: オライリージャパン
  • 価格: ¥ 6,090
  • 発売日: 2008/11/22
  • 売上ランキング: 69005
  • おすすめ度 5.0

Leave a Reply